短歌

NHK短歌2018年11月号 東直子さん選(入選・2018年9月2日放送) テーマ「金属」
靴音が「けんけんかん」と鳴り響きもうすぐ会える非常階段

 

 

NHK短歌2018年11月号 松村由利子さん選(佳作) テーマ「嘘」

嘘は今翼になってもう二度と帰って来れぬ旅を始めた

 


NHK短歌2018年11月号 栗木京子さん選(佳作) テーマ「長」

延長の末に敗れた青春を取り戻すべく蹴飛ばした夏

 

 

NHK短歌2018年10月号 松村由利子さん選(佳作秀歌) テーマ「花」
ずぶ濡れになった翌日ひまわりと私は顔を同時に上げた



NHK短歌2018年10月号 栗木京子さん選(佳作) テーマ「休む」
いいことが何もなかった休日に半額じゃないお寿司を食べる

 

 

NHK短歌2018年9月号 東直子さん選(佳作) テーマ「時間」

一時間かけて選んだお土産をあっという間に食べたけど好き

 

 

NHK短歌2018年8月号 東直子さん選(佳作) テーマ「音楽」

もう誰も住めなくなったあの街で五時に流れる夕焼け小焼け

 

 

NHK短歌2018年8月号 真中朋久さん選(佳作) テーマ「酸」

唐揚げにレモンを絞るひと手間で私に好きと言えばいいのに

 

 

NHK短歌2018年8月号 松村由利子さん選(佳作) テーマ「飛ぶ」

あの人を敵地に運ぶ飛行機が青い未来を飛び越えていく

 

 

NHK短歌2018年8月号 栗木京子さん選(佳作) テーマ「輪」

輪を描くくらいに強く蹴り上げて「好き」と叫んだ夜のブランコ

 

 

NHK短歌2018年7月号 東直子さん選(佳作秀歌) テーマ「飲み物」

先輩が怒鳴り合ってる更衣室お茶をちゅーちゅー飲んでる私

 

 

NHK短歌2018年7月号 真中朋久さん選(佳作) テーマ「辛」

甘辛く煮られることを拒絶して青く育った辛味大根

 

 

NHK短歌2018年7月号 松村由利子さん選(佳作) テーマ「円」

「さようなら」あなたはずっと手を振って最後にはもう円を描いた

 

 

NHK短歌2018年7月号 栗木京子さん選(佳作) テーマ「窓」

どうしても愛せなかったあの街を窓越しに見て駅弁を食う

 

 

NHK短歌2018年6月号 松村由利子さん選(入選一席・2018年4月22日放送) テーマ「メディア」

「戦争は終わりました」と町中のスピーカーから嘘が流れる

 

 

NHK短歌2018年6月号 東直子さん選(佳作) テーマ「会話」

ぎこちない会話が続く病室で僕は初めて父を許した

 

 

NHK短歌2018年6月号 真中朋久さん選(佳作) テーマ「甘」

甘いってわかってるんだでも私卒業式に告白をする

 

 

NHK短歌2018年5月号 永田和宏さん選(佳作) テーマ「卒業」

わかってる全部わかってるからせめて私の方から卒業させて

 

 

NHK短歌2018年5月号 佐伯裕子さん選(佳作) テーマ「明るい」

もう誰も帰って来ないあの家で冷蔵庫の中だけが明るい

 

 

NHK短歌2018年4月号 永田和宏さん選(佳作秀歌) テーマ「眠る」

眠れずにあなたをそっとのぞき込む幸せそうで何よりですね

 

 

NHKラジオ第一「ごごラジ!」かとちえ短歌塾(2018年3月5日公開収録分) 加藤千恵さん選 テーマ「卒業」

花びらと涙が舞った校庭で「またね」と言ってそっと消えたい

 

 

NHK短歌2018年3月号 佐伯裕子さん選(佳作) テーマ「新しい」

新しい嘘をついてよもう何も言う気が起きなくなっちゃう嘘を

 

 

小説野性時代2018年3月号 野性歌壇 山田航さん選(佳作) テーマ「洋服」

「待ってよ!」の言葉も聞かずスカートでガードレールを乗り越えた夏

 

 

NHK短歌2018年2月号 永田和宏さん選(佳作) テーマ「歌・歌う」

好きだって伝わらないからカラオケであえて悲しい歌を選んだ

 

 

NHK短歌2018年1月号 佐伯裕子さん選(佳作) テーマ「懐かしい」

引っ越しの時に出てきた毛布には君の臭いが染みついていた

 

 

NHK短歌2017年12月号 佐伯裕子さん選(佳作) テーマ「速い」

 泣き顔が映った窓に追い討ちをかけるが如く速い雨足

 

 

NHK短歌2017年12月号 永田和宏さん選(佳作) テーマ「走る」

泣きながら始発電車に乗るために走る私を照らす太陽

 

 

小説野性時代2017年12月号 野性歌壇 山田航さん選(佳作) テーマ「スポーツ」

晴れた日の体育館に忍び込みシュートを打った決まらなかった

 

 

NHK短歌2017年11月号 大松達知さん選(佳作) テーマ「残る」

目的を失っている水槽にタニシが残り苔を食べてる

 

 

NHK短歌2017年10月号 大松達知さん選(入選・2017年8月13日放送) テーマ「外」

「今外にいるから」と言うこの家は君にとっては外なのだろう

 

 

NHK短歌2017年9月号 佐伯裕子さん選(佳作) テーマ「空しい」

新しい出会いがあると占いが小学生を振り回している

 

 

NHKラジオ第一「ごごラジ!」かとちえ短歌塾(2017年7月31日放送) 加藤千恵さん選 テーマ「海」

出会うのが遅すぎたからあの夏は何かにつけて海へ向かった

 

 

NHK短歌2017年8月号 黒瀬珂瀾さん選(佳作) テーマ「地名」

今日もまたのぞみが全部通過する静岡のこと教えてあげる

 

 

NHK短歌2017年8月号 佐伯裕子さん選(佳作) テーマ「可笑しい」

好きでいるために会いたくないんだと言えるあなたはどこかおかしい

 

 

NHK短歌2017年7月号 永田和宏さん選(佳作) テーマ「固有名詞のある歌」

味噌汁が似合わない街ランキング1位になった表参道

 

 

NHK短歌2017年6月号 黒瀬珂瀾さん選(入選・2017年4月16日放送) テーマ「階段」

もうここで待っておくねと言う母の長寿を祈る石段の上

 

 

NHK短歌2017年6月号 永田和宏さん選(佳作) テーマ「テレビ」

つまらなくなったと言われ続けてる俺と32型のテレビ

 

 

NHK短歌2017年6月号 佐伯裕子さん選(佳作) テーマ「眩しい」

この街で暮らすためには足りてない協調性とカーテンの幅

 

 

NHKラジオ第一「ごごラジ!」かとちえ短歌塾(2017年4月24日放送) 加藤千恵さん選 テーマ「休日」

やることが見つからなくてあの人のインスタグラム全部に「いいね!」

 

 

NHK短歌2017年5月号 栗木京子さん選(佳作) テーマ「鍵」

強引にこじ開けられて傷ついた私のドアに鍵が増えてく

 

 

NHK短歌2017年4月号 栗木京子さん選(佳作) テーマ「驚く」

想定の範囲内だと言いながらワイングラスが派手に倒れた

 

 

NHK短歌2017年4月号 伊藤一彦さん選(入選・2017年2月19日放送) テーマ「雪」

雪玉をゆるく握ってあの人の後ろでたくらむ完全犯罪

 

 

NHK短歌2017年3月号 坂井修一さん選(入選・2017年1月8日放送) テーマ「ワイン」

白じゃなく赤を選んでどぽどぽとあなたの顔にかけてやりたい

 

 

NHK短歌2017年2月号 栗木京子さん選(佳作) テーマ「飾る」

青空に飾られている雲だっていつか主役になりたいはずだ

 

 

NHK短歌2017年2月号 坂井修一さん選(佳作) テーマ「老い」

追いかけて追いかけてなお見えぬままあなたのせいで老いかけている

 

 

毎日歌壇 2017年1月23日 加藤治郎さん選

「終電だ送っていくよ」という彼を「とまります」ボタン押して倒した

 

 

毎日歌壇 2016年12月19日 加藤治郎さん選

へんてこな形をしてる建物の前で告白されてうれしい

 

 

毎日歌壇 2016年11月21日 米川千嘉子さん選

見慣れない建物がほぼ吸い取った僕が生まれた町の喧騒

 

 

NHK短歌2016年10月号 栗木京子さん選(佳作) テーマ「痩せる」

東京でうまくいってるはずなのに会うたび細くなってく右手

 

 

NHK短歌2016年9月号 栗木京子さん選(佳作) テーマ「ボート」

不忍池は危険だボートから蓮に向かってダイブしたくなる

 

 

毎日歌壇 2016年6月6日 加藤治郎さん選

さっきから異様な音でくしゃみする奴は私の父親だった

 

 

NHK短歌2016年5月号 佐伯裕子さん選(佳作) テーマ「信号」

進みなさい注意しなさい止まりなさいちゃんと守るからずっと守ってね

 

 

NHK短歌2016年4月号 佐伯裕子さん選(佳作) テーマ「家具」

真っ黒なタンスが見てきた数々を映像化する技術をください

 

 

NHK短歌2016年1月号 佐伯裕子さん選(佳作) テーマ「眼鏡」

先日の会議で決まった眼鏡デー特に反響ないです部長

 

 

2016年11月30日放送分

朝井リョウさんセレクト>

破れないパンツは2100年の百貨店にも売ってないから

どれだけ文明が進化しても、雨を完全に防げる傘がないという、いわゆる「傘問題」。番組でも触れられていましたが、この付け句も、「壊れない傘は」が候補でした。お風呂でシャワー浴びてる時に「2100年の~」が思いついて、傘とかいろいろ考えながら風呂から上がってパンツを穿こうとした時に「パンツだ!」と(笑)。パンツが破れる件について、かとちえさんや朝井さんにはあまり共感が得られなかったようですが、「私もパンツ破れてる!」と、ツイッターで何人かは共感してくれてたのでよかったです。あと、朝井さんの痔ろう問題にトークが広がって嬉しかったです・・・。

2016年11月2日放送分

羽田圭介さんセレクト>

高級なブランドっぽく見えるでしょ?百貨店にも売ってないから

羽田さんのジャケットとチノパンが、実は放送直前にユニクロで買ったものだという事実にマッチして選ばれたようです・・・(笑)百貨店にも売ってないってことは、確かに手作りか、ファストファッションかですよね。作った時のイメージは前者で、初めて自分でワンピース作った女の子がいたずらっぽく言ってる感じ、ですね。

2016年10月12日放送分

羽田圭介さんセレクト>

最大の敵は自分であることをあの人はまだ知らないらしい

羽田さんの「常に己との戦いだよねー」、という気持ちと合致したのでしょうか、選んでもらえました。ストレートに読むと説教くさい感じになりますが、陰で意地悪してる人が「最大の敵、実は俺だぜ・・・」と言ってる感じにも読めるかな、と・・・。私は自分にも他人にも甘いタイプなので、私らしくない付け句ですね・・・。

2016年9月28日放送分

朝井リョウさんセレクト>

こっそりとハチミツ塗っておきました きっとあなたも好きだと思う

朝井さんの「死んだ婆やが言ってる」って解釈なんですが、死んでるのに出てきてこっそり塗ったのか、死ぬとわかってて直前に塗ったのかが興味ありますね・・・。ちなみに私のイメージは、かとちえさんが言ってたくちびるとかじゃなくて、その、ね・・・。そういう感じでした。もっと言うと、朝井さん狙いでこれは書きました・・・なんとなくです・・・。

2016年9月21日放送分

加藤千恵さんセレクト>

もしいつか大切なひと見つけても きっとあなたも好きだと思う

かとちえさんがおっしゃってたように、大切な人が仮に見つかっても、ずっとあなたのことは好きなままだよ、という、捉えようによっては重い(by 佐藤健寿さん)気持ちです。イメージは、ふられた相手に「きっといい人見つかるよ」って言われた女の子の返事、ですね。下の句の使い方をひねっているのですが、伝わってうれしかったです・・・。

2016年9月14日放送分

www.houdoukyoku.jp

羽田圭介さんセレクト>

強引に押しつけたあと言ってやる きっとあなたも好きだと思う

かとちえさんのイメージは「壁ドン」、羽田さんのイメージは「マルチ商法」(笑)。胸を押しつけながら迫る女性と、あまり仲良くない友達に面白くない本やいけてない服を売りつける意地悪な女性と、両方をイメージしてました。前者はかとちえさん寄りで、後者は羽田さん寄りですね。「言いました」じゃなくて「言ってやる」にして、強引な感じや意地悪な感じを少し増やしてます・・・。